淡水パール

淡水パールは海水パールと別物!効果も?

「パール(真珠)」と「淡水パール」との違い

「月のしずく」「人魚の涙」など、ロマンチックな呼び方をされるパール(真珠)。

 

一般的にいわれている「パール(真珠)」と「淡水パール」、いったいどこが違うのでしょうか。

 

 

大きな違いは、まず真珠の育った場所です。

 

通常、一般的なパールは海水パールといい、海で育てられますが、淡水パールは湖や川などの淡水で育てられます。

 

海水パールは、真珠を育てることができる「母貝」の体内に微小異物を核として、分泌物で包み込んでできる生体鉱物です。

 

つまり、貝は異物から自身を守ろうとし、分泌物をだして、異物を包むのですが、その包まれた時できた層を真珠層といい、この層が積み重なってパールとなるのです。

 

あこや貝で作られる本真珠(和球)がパールの中では一番とされており、他には白蝶貝でつくられる南洋真珠、黒蝶貝で作られる黒真珠、マベ貝で作られるマベ真珠などがあります。

 

海水パール対して、淡水パールは川や湖の棲息する池蝶貝を使って育てたものです。

 

このパールは他のパールとは異なり、核がなく芯まで真珠層で出来ているため、大変丈夫です。

 

現在流通している淡水パールはほとんど養殖です。

 

色も形もバリエーションに富んでいます。

 

ドロップやポテト、バロック、ライス、クレオなど様々な形があり、ピンク、パープル、オレンジ、イエローなど、色彩も豊かです。

 

以前は、養殖期間が短くて育てやすいということで、紋冠貝(しゅうもんかんがい)を母貝とした、ライスパールと呼ばれるシワのある米粒状のパールを産出していたようですが、
最近は養殖期間が多少長くなっても、美しく丸い真珠ができる三角帆貝が使われています。

幸せを運んでくれる淡水パール

淡水パールは、災いをはね返す強い力がある石とされています。

 

持つ人の毎日を、幸せに過ごせるよう、環境を整えてくれる効果があるといわれています。

 

真珠は正しくは石ではありません。

 

ただ、淡水パールがネガティブなエネルギーを祓い、魅力を輝かせてくれるとされており、他にもさまざまな効果が期待されることから、パワーストーンとして扱っています。

 

淡水パールは邪気を祓い、異性の心を惹きつけるパワーがあるので、恋の宝石として知られていて、結婚式などでもよく用いられています。

持ち主の守護石となる淡水パール

淡水パールは、古来より強い保護力を持ち、持ち主の身を守ってくれるといわれています。

 

災いや事故、トラブルといったことから持ち主を守ってくれ、病気や、怪我なども、払いのけるパワーがあります。

 

病気を退けるために、この石は免疫力を高めて病気になりにくい体になりつつあります。

 

うつ病やイライラを解消といった効果も期待できます。

 

 

守護の力が一番強いことから、子供を事故や病気から守ってくれる力もあります。

 

貝が真珠を慈しんで体内で育てる力と同じ作用があり、妊婦や安産のお守りとしても効果的とされています。

 

同様の理由から子宝にも恵まれる効果が期待されます。

女らしさを高め、美と健康に効果的な淡水パール

淡水パールは身に付けていると女性の母性を高め、美しさ、女らしさを高める効果があるといわれており、古くは、クレオパトラが美のお守りとして身に付けていたとされています。

 

ジュリアス・シーザー亡き後、アントニウスを味方にするため、クレオパトラが酢に溶かした真珠を飲んだというエピソードはあまりにも有名です。

 

 

淡水パールを身に付けると女性の良い面が引きだされ、協調する効果があり、内面とともに外見も女性らしい美しさがアップします。

 

この石には若さと健康を保つ力があると古来より信じられてきました。

 

パールを粉末にして服用すると美容、ヒーリング、デトックスにも効果的に作用するといわれています。

 

他にも粉末のパールは、風邪薬などの病気の時にも、用いられていたようです。


宝石店が厳選する・パワーストーン専門店
HIRAOKA
  • 女性が身に付ける日常のお守りとしておすすめ
  • 女性へのプレゼントとしても
  • 完全オーダーメイドで手作りの逸品をお届け
  • 宝石のスペシャリストが厳選する専門店です。